一般社団法人あすの福井県を創る協会

あす県とは

共催・後援基準

(趣旨)

第1条
この基準は、(一社)あすの福井県を創る協会(以下「協会」という。)が他団体と共催する事業および他団体が行う事業の後援に関して必要な事項を定めるものとする。
(用語の意義)
第2条
この基準において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。
[1]
共催とは、その事業の実施にあたり企画または運営に参加し、共同主催者としての責任の一部を分担することをいう。
[2]
後援とは、その事業の趣旨に賛同し開催を援助するために名義使用を認めることをいう。
(承諾の基準)
第3条
共催・後援(以下「共催等」という。)の承諾は、事業の目的および内容が協会の目的に寄与するもので、次の各号に掲げる承諾基準に該当する場合に行うものとする。
[1]
事業の主催者についての承諾基準
国、地方公共団体またはこれらに準ずる公共的団体
新聞、テレビ等の報道機関
その他協会長が適当と認める団体
[2]
事業目的および内容についての承諾基準
政治団体、宗教団体の活動または特定の宗教もしくは政治のための活動と認められる事業でないこと。
公共性があり、営利を目的としないものであること。
その他協会の方針に反しないものであること。
[3]
その他の承諾基準
事業計画が明確で主催者の行事遂行能力が十分であると判断されるものであること。
行事の開催、開設等の場所は、環境保全、公衆衛生等について十分な設備および措置が講じられていること。
過去に共催等をしたものについては、承諾の条件が順守されているものであること。

(共催等の承諾申請)

第4条
共催等を受けようとする者は、申請書を協会長に提出し、その承諾を受けなければならない。

(承諾の通知)

第5条
協会長は、共催等を承諾した場合には、当該申請者に対し承諾書を交付するものとする。

(事業中止等の届出)

第6条
主催者は、共催等の承諾を受けた後に事業の中止または事業内容等に変更があった場合には、速やかに協会長にその旨を届けなければならない。

(事業報告および決算書の提出)

第7条
主催者は、共催を受けた事業が終了した場合は、速やかに事業報告および決算書を協会長に提出するものとする。

(その他)

第8条
この基準に定めるもののほか、共催等に関し必要な事項は、別に協会長が定める。

付 則

この基準は、平成18年5月1日から施行する。


ページの先頭に戻る